月別アーカイブ: 2019年10月

保証人になっていた場合

親戚やユウジンが借りたお金をしていて、その保証人になっているとすると、立とえ債権者が取たててきても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。 ところが、債務者が自己破産や個人再生により債務整理を行ない、返済の一部や全部を放棄してしまうと、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を初めます。

この場合は支払わなくてはなりませんが、債権者とすり合わせを行って返済を分割払いにする事は出来るでしょう。借金がだんだん多くなり、もう自分では返せない場合に、債務整理を行うことになります。返す不可能なほどの借金がある人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談しましょう。

すると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官が解決策を考えます。月々の返す可能額などを検討し、その後の返済すべき金額が決定します。

仮に自己破産で免責決定がくだされたあとでも、個人再生、過払い金返還、任意整理などを行った実績があっても、生命保険や医療保険への加入は特に支障ありません。

生命保険会社というのは加入の際に個々の信用情報を確認することはないですし、過去に債務整理した事実が分かることはないわけです。

月々の保険料さえ払えるのなら生命保険の契約自体は、加入者ないし被保険者のどちらが借金の整理を行っても、その影響はうけません。当然ですが、借金の整理を専門家に依頼すれば費用がかかります。なお、その金額は弁護士や司法書士で異なるため、一概には言えません。任意整理を例に挙げると、債権者1件ごとに基本料金があるうえ、成功報酬を支払う必要があります。

基本料金についてですが、債権者や債務総額に関係なく主に固定料金になっていますから、大した減額が期待できない相手に対しても任意整理の交渉をすると、反対に、損をしてしまうかもしれません。

返せない借金あり